SEO対策に最適な文字数とは?

Pocket

コンテンツを作る際に、「何文字がSEO対策として効果的なのか?」と悩んでいると思います。SEO対策には、コンテンツの質と量が重要と言われ、とくに「パンダアップデート」後の今では、「コンテンツの文字数」が順位を大きく左右するとも言われます。
 
 
 
しかしその一方で、Googleのジョン・ミューラーが、「コンテンツの文字数は、サイトの評価と関係ない」という意味のコメントもしています。こうなると、本当のところはどうなのでしょうか?
 
 
 
結論を先に言ってしまうと、「SEO対策に最適な文字数は無い」ということです。
 
 
 
コンテンツに求められるものは、検索キーワードによって違います。それぞれのキーワードによって最適な文字数は変化します。「じゃ~、どうしたらいいの?!」と悩むかもしれませんが、安心してください。これから「SEO対策に最適な文字数」に関する考え方を詳しく解説していきます。
 
 

1.Googleは「SEO対策と文字数」をどう考えているのか?

 
まずは、Googleの考え方を理解していきましょう。以前、Googleのオンラインイベントで、Googleのスポークスマンであるジョン・ミューラー氏に対して、こんな質問がありました。
 
 
「SEO代理店から、文字数の多い長文記事でないとSEOができないと言われたが、本当か?」
 
 
この質問に対してミューラー氏は、以下の様に回答しています。
 

Googleには、例えば「100語以下じゃダメ、200から500語ならOK、500語以上で画像も多ければ最高」みたいな、そんなアルゴリズムはない。Googleはそのようには見ていないんだ。

Googleはページ全体を見て、それが本当に他より優れていてユーザの検索意図にかなったものかを評価している。そんなページでさえあれば、文章の長短、画像の量などは好きにしていい。
 
 
 
つまり、「Googleは文字数を気にしていない。それよりも、ユーザーの利便性のほうが重要だ」ということです。
 
 
でも、ここで忘れてはいけないのが、googleのパンダアルゴリズムの存在です。パンダアルゴリズムはコンテンツの専門性、オリジナル性、充実度を見分けてコンテンツの評価と順位付けを行います。内容の濃いコンテツの評価が高くなるわけですが、そのためにはある程度の文字数が必要になるわけですよね。
 
 
 
また、ユーザービリティの観点で考えても、少ない文字数でユーザーの満足を得られるコンテンツを作るのは非常に難しいと思いませんか?
 
 
 
例えば、国語辞典のような、語句の意味を調べるサイトなら100字でユーザーの満足を得られるかもしれません。でも、ほとんどのサイトは、100字でユーザーの満足を得られるサイトを作ることはできません。実際、ハコラボのコンテンツでも、100字以内のコンテツはありません。
 
 
 ということで、先ほどのジョン・ミューラー氏の回答とパンダアルゴリズムの2つのポイントを混ぜ合わせて考えると、以下のような結論に達すると思います。
 
 
 
「googleは、ユーザーの利便性を第一に考えるだけで、文字数は気にしない。しかし、ユーザーの満足度の高いサイトを作るためには、ある程度の文字数が必要になる。」
 
 
 

2.最適な文字数は検索キーワードで変わる

では、実際、SEO対策として最適な文字数とは何文字でしょうか?
 
 
多くのサイトを見てきた経験から言えることは、「キーワードの選び方次第で、適切な文字数は変わる」ということです。
 
 
 
そもそもキーワードの種類によってユーザーの求める情報の質と量は違います。そのため、「SEO対策に最適な文字数」に一定の基準はありません。ユーザーの使う検索キーワードによって最適なコンテンツの質と量は変化します。
 
 
 
ここでは、「検索キーワード」を5つのパターに分け、それぞれに最適な文字数について説明していきます。
 
 
 

2-1.簡潔な情報が求められる場合

国語辞典のようなサイトは、簡潔な情報が求められます。例えば、「東雲 意味」というキーワードで検索すると、語句の意味を説明しただけの文字数の少ない簡潔なコンテンツが上位表示されます。逆に、文字数の多い長文のコンテンツは上位に表示されない傾向にあります。
 
 
 
これは、「ユーザーが簡潔でわかりやすい情報を必要としているキーワードだから」だと考えられます。このようなキーワードでは、文字数の多いコンテンツを作成しても上位表示されるとはかぎりません。
 
 
 
それは、文字数が多いコンテンツよりも、文字数が少なく簡潔でわかりやすいコンテンツほうがユーザー満足度が高いからです。このようなサイトの場合は、文字数を増やすよりもページ(コンテンツ)数を増やしたほうがSEO効果が高いと言えます。
 
 
 

2-2.豊富な情報が求められる場合

例えば「SEO 内部リンク 対策」というキーワードで検索すると、文字数が多く情報量の多コンテンツが上位表示さます。これは、検索キーワードに対する情報量が多いほど、ユーザーの目的が果たしやすく満足度が高くなると考えられるからです。
 
 
 
しかも、文字数が多いことで、コンテンツの質が高くなりパンダアルゴリズムにも好かれやすくなります。また、文字数が多くなることで、コンテンツ内に「メインキーワードに関連性したキーワード」が多く使われます。そうなると、色々な関連キーワードでの検索にもヒットしやすくなります。
 
 
 

2-3.競合が多いキーワードの場合

競合の多いキーワードでは、文字数の多いコンテンツが上位表示されやすくなります。逆に競合が少ない場合は、文字数が少なくても上位表示されることはあるようです。
 
 
 
Googleの評価は、絶対評価ではなく相対評価です。競合サイトのコンテツと比較されることで検索順位が決定されています。
 
 
 

2-4.ビッグキーワードの場合

ビッグキーワードとは「カメラ」や、「アフィリエイト」、「SEO」、など一語のキーワードをさします。ビッグキーワードで検索された場合、キーワードに対する意図が広すぎるためGoogleは検索ユーザーの意図を読むことができません。
 
 
 
例えば「不動産」で検索された場合、ユーザーが「不動産の購入を希望しているのか、賃貸なのか」または「不動産会社を企業したいのか」など、色々な選択肢があります。しかし、Googleにはこの意図を読み取ることができません。
 
 
 
この場合は、どんな意図でも合致するような情報量が多いサイトが上位表示させる傾向にあります。実際に、「不動産」で検索ると、情報量の多い不動産のポータルサイトが上位表示されます。情報量が多いということは、当然文字数が多いコンテツを量産する必要があります。
 
 
 

2-5.複合キーワード

複合キーワードとは、「カメラ 購入」などの二語のミドルキーワードや、「SEO 内部リンク 方法」などの三語のロングテールキーワードをさします。複合キーワードは、キーワード自体が具体的になることでユーザーの意図もわかりやすくなっています。
 
 
 
そのためコンテツの内容も具体的になり、必然的に情報量は多くなります。
 
 
 
ちなみに、サイト全体のボリュームは、ビッグキーワードよりも少ないボリュームでも上位表示されやすくなります。
 
 
 

3.アフィリエイターとして文字数をどう考えるか?

ここまでは、「SEO対策に最適な文字数」について一般論の話をしてきました。それをふまえて、ここではアフィリエイターとしてコンテツの文字数をどう考えるべきかを解説していきます。
 
 
アフィリエイターがコンテンツを作る場合は、基本的には複合キーワードでコンテンツを作ります。
 
 
 
例えば「SEO 内部リンク 対策」でコンテンツを作るとします。この場合のコンテツの文字数は何文字が最適でしょうか?
 
 
答えは、Googleに聞くのが一番良い方法です。 やり方は簡単で、Googleで「SEO 内部リンク 最適化」を検索し、検索結果の上位5位までのコンテンツの文字数をカウントするだけです。
 
 
 

1位 1570文字
2位 1713文字
3位 2575文字
4位 2084文字
5位 2236文字

*2016年10月現在

 
 
 
コピペして文字数を調べたので多少の誤差はあると思いますが、上記のような結果になります。これを見ると「SEO 内部リンク 最適化」のキーワードでコンテンツを作る場合は、1500文字~2500文字が最適な文字数だといえます。
 
 
 
この方法は、どんなキーワードでも使えます。ぜひ試してみてください。
 
 
 

4.コンテンツの作り方

 
コンテンツの質は文字数だけで決まるはわけではありません。Googleはユーザーの使うキーワードの意図をくみとり、そのキーワードにあうコンテンツを上位表示させます。
 
 
 
なおかつ、内容が濃く信頼性の高いコンテンツを上位表示させます。そこで、ここからは内容の濃いコンテツを作るための3つのポイントを解説していきます。
 
 
 

3-1.内容の濃い文章の基本的な作り方

 
まずは競合の内容を調べるために、上位表示させたいキーワードで検索します。上位10位までのコンテンツの内容を読みこんで、ポイントを箇条書きにします。その箇条書きにしたポイントが競合サイトの内容です。競合に勝つためには、その内容にプラスαが必要になります。
 
 
 
プラスαとしては、箇条書きにしたポイント以外で重要なトピックスや最新の情報を箇条書きに付け加えましょう。仕上げに、箇条書きしたポイントを基に自分の言葉で解説したコンテンツを作ります。
 
 
この作業を行う際に以下のようなポイントを抑えてコンテンツを制作しましょう。
 
 
 
・専門性の高いトピック
・オリジナルのコンテンツ
・正しい文法
・検索ユーザーが欲しい情報
・訪問者の満足度が高い
 
 
ちなみに、内容が薄いコンテンツとは、誰でも知っている情報や、ユーザーへの回答となるポイントがないコンテンツを意味します。そうならないように注意しましょう。
 
 
 

3-2.専門的でわかりやすい内容にする

 
コンテンツの内容は、訪問者の目線で書くことが重要です。コンテンツの訪問者に専門的知識が有れば専門的な用語だけでも成り立ちます。しかし、ウェブの場合はそうとは限りません。むしろ、専門的知識を持っていない人のほうが多く訪れます。
 
 
そう考えると、重要なのは、専門性とわかりやすさのバランスです。
 
 
 
Googleのコンテンツの評価基準に、専門性があります。より専門的なコンテツをGoogleは高く評価します。しかし、コンテンツの内容がわかりづらくなるとユーザーには嫌われてしまいます。重要なのは、専門的な知識をユーザー目線でわかりやすく解説したコンテンツです。
 
 
そのようなコンテンツは、Googleに好かれて上位表示されます。さらには、ユーザーにも好かれ被リンクやお気に入り登録され、さらに上位表示されやすくなります。
 
 
 

3-3.コンテンツレイアウトの注意点

内容の良いコンテンツでも、見た目が読みづらければすぐに閉じられてしまいます。
例えば、文章に改行がない、文字が小さいなどのコンテンツはユーザーにとって見づらいコンテンツと言えます。このようなコンテツは、内容が良くても最後まで読んでもらえない可能性が高くなります。
また、読みにくいコンテンツは、被リンクやシェアなどの行動にもにつながりません。被リンクやシェアは、Googleの評価基準の一つで表示順位にも影響してきます。
 
 
 
ここで、最後まで読んでもらうための、見やすいコンテンツを作る4つのポイントを簡単に紹介します。
 
 
 

 

・文字と背景の色
文章は、ユーザーが見やすい色の組合わせにしょう。シンプルに、白地に黒がもっとも見やすいと思います。

 
 
 
・サイトのシンボルカラー
色を多く使うとゴチャゴチャした印象になり、見づらいコンテンツになってしまいます。使用する色を統一するため、シンボルカラーを3色決めましょう。目立つ色は、重要な部分で使用する程度がおすすめです。
 
 
・行間をうまく使う
適度に行間を空けると文章が読みやすくなります。「3行書いたら、3行分の行間を開ける」程度でいいと思います。
 
 
・言葉で説しづらいものは画像を使う
文章で表現できないものは、図や表、画像などで表現しましょう。「百聞は一見に如かず」という言葉あります。一瞬で表現できることも重要になります。
 
 
 
 
 

まとめ

 
キーワードによってユーザーが求める情報にの量は異なることがわかります。コンテンツの内容とボリュームを決めるには、SEO対策をしたいキーワードをGoogleで調べ、競合サイトの内容と文字数を参考にするのが最適な方法です。
 
 
検索結果で、上位表示されているコンテンツがあなたの「競合サイト」になります。その競合サイトの内容を見ることで、検索ユーザーが求める内容やコンテンツの文字数がわかります。ぜひ実践してみてください。
 
Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフィリエイトにおすすめのブログを正しく選ぶ方法

contact form 7の設定方法と使い方01

Contact Form 7:設定方法と使い方

スタートのイメージ画像

アフィリエイトの始め方を3つのステップで解説

画像設定のイメージ画像

SEO対策に有効な画像設定7つのポイント

アフィリエイト商材選び方のイメージ画像01

アフィリエイトカテゴリーを選ぶときの2つのポイント(画像付き)

質の高いコンテツを作る方法00

質の高いコンテツを作る方法