RTL第4期せどりアフィリ塾の2つの詐欺行為をレビュー 

RTL第4期せどりアフィリ塾のイメージ画像
Pocket

今回は、インフォトップのランキングの入っている高額塾「RTL第4期せどりアフィリ塾」のレビューをしていきたいと思います。この高額塾は、数か月前から販売されているのですが、いまだに販売を続け塾生を募集しています。
 
 
 
「せどりアフィリ塾」という少し変わった名前で、「せどりなのか?・・・ アフィリなのか?・・・」と戸惑いそうですが、要するに、せどり系の情報商材をアフィリエイトして稼ぐための塾です。
 
 
 
簡単に言うと、アフィリエイター養成塾ですね。
 
 
 
さて、この手の高額塾ですが、ほとんどの高額塾でイイ話を聞いたことがありません。どの塾でも、詐欺騒動や返金騒動を起こし被害者を大量生産しているのが現状です。今回の「RTL第4期せどりアフィリ塾」も期待を裏切らず、同じような末路をたどるのではないか・・・と考えたのでレビューすることにしました。
 
 
 
では、今回のレビュー項目を紹介します。
 
1.RTL第4期せどりアフィリ塾とは
2.詐欺的高額商材の見分け方
3.RTL第4期せどりアフィリ塾の2つの詐欺行為
 
 
 

1.RTL第4期せどりアフィリ塾とは

 
RTL第4期せどりアフィリ塾のイメージ画像
 
商品名:RTL第4期せどりアフィリ塾
URL:http://roadtoliberty.jp/toku/
販売者名:株式会社キュリアスコープ 
運営責任者:岩崎秀秋
住所:北海道札幌市中央区南6条東3丁目1-2 レノンテラーザ6-3 3F
販売価格:300,000円(税込み)
 
*参考:特定商取引法に基づく表記
 
 
 
今回の商材の販売者である、株式会社キュリアスコープはたまに目にする情報商材の販売者で過去にもいろいろな情報商材を販売しています。
 
 
 
例えば、
 
・アパレルせどり転売4か月講座
・せどりバーストストリーム
・NEWホームセンターせどり
 
などなど、この他にも色々な情報商材を販売しています。ただし、非常に評判は悪いです。
 
 
 
確かに、どの商材も薄っぺらな内容で、値段分の価値が無い商材ばかりなので、その評判も納得できるなと感じています。しかも、公表している転売実績をでっち上げたことも明るみになっているので、良心的とは言えない販売者さんですね。
 
 
 
そんな、株式会社キュリアスコープが作った「RTL第4期せどりアフィリ塾」の内容ですが、セールスレターには、次のように書いてあります。
 
 
 
1、読者さんをあつめる
2、あながた実践していることをメールで送る
3、読者さんに有益なものを販売する
 
 
 
これは、一般的に「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」と言われる手法です。ということは、今回の塾の内容を簡単に言うと「せどり系情報商材をDRMの手法でアフィリエイトする」ということになります。
 
 
 

2.詐欺商材の見分け方

 
話は少しそれてしまいますが、詐欺商材の見分け方についてお伝えしたいと思います。詐欺的な高額塾のセールスレターでよくあるパターンは、
 
 
 
「簡単に稼げる」
「今まで失敗してきた人でも稼げる」
 
 
 
と煽るわりには、
 
 
 
「具体的にどんなノウハウを使うのか?」
 
 
 
についてはほとんど触れないセールスレターです。こんなセールスレターの商材は、詐欺的商材と言っても過言ではありません。それを踏まえて、今回の「RTL第4期せどりアフィリ塾」のセールスレターを読んでみましょう。
 
 
 
セールスレターの序盤に「メルマガであまりにも簡単に稼げてしまった私は・・・」と赤い大きな文字で書いてあり、詐欺商材のパターに当てはまる謳い文句が登場します。この部分は、「こんなにダメな私でも、簡単に稼ぐことができました。だから、あなたも簡単に稼ぐことが出来ますよ。」と印象付けたいわけです。この方法は詐欺商材の上等手段です。
 
 
 
この時点で詐欺商材認定できますが、一応、「ノウハウ」について具体的に記述されているかも調べてみましょう。セールスレターを読み進めていくと、先ほどもお伝えしたように、
 
1、読者さんをあつめる
2、あながた実践していることをメールで送る
3、読者さんに有益なものを販売する
 
と書いてあり、今回のノウハウがDRM手法だと示されます。このDRMには2つの重要なポイントがあります。
 
 
 
それは、
 
・集客
・コピーライティング
 
です。この2つのポイントが無ければ、DRMを成功させることはできません。ということは、この2つのポイント関する具体的な記述がセールスレターにあれば入塾する価値があると言えます。
 
 
 
しかし、最後までセールスレターを読み進めても、2つのポイントに関しては何となくあやふやに書いてあるだけで、具体的に「○○します!!」とは明示されません。こういう場合は、たいてい「入塾してガッカリ・・・」となる場合がほとんどです。
 
 
 
もし、具体的に自信のあるノウハウを持っているのなら、それをセールスレターで全面的にアピールしてくるはずです。
 
 
 
現在、集客のノウハウやコピーライティングのノウハウを具体的に教えている情報商材は、ほんの一部しかありません。そんな中で、この2つのノウハウを持っているなら、絶対にアピールしてくるはずです。でも、それをしてこないということは、ノウハウを持っていない可能性が極めて高いと言えます。
 
 
 
こう考えると、30万円もだして入塾する意味はないかと思います。
 
 
 

3.RTL第4期せどりアフィリ塾の2つの詐欺行為

 
さて、ここまでの話の中で、「30万円だして入塾する意味はない」とお伝えしましたが、それでも「やっぱり気になる」「入塾いしたい」と考えている方もいるかもしれません。そんな方のために、さらにここから2つの詐欺的ポイントを解説していきます。
 
 
 

3-1.第4期という詐欺

 
 「RTL第4期せどりアフィリ塾」は商材名にもあるように、今回で第4期です。ということは、第1期~第3期までも開塾されていたはずです。でも、調べてみると、第1期~第3期までの情報はほとんどありません。
 
 
 
実際に「RTL 第1期」と検索してみてください。「RTL第4期せどりアフィリ塾」の情報は出てきますが、「第1期」に関する情報はでてきません。ということは、「第1期~第3期」までの塾は存在しない可能性が高いということです。もちろん、クローズドで「第1期~第3期」を募集の可能性もありますが、そうだったとしても何かしらの情報があるはすです。
 
 
 
では、「なんで、第4期から始めたの?」の思うかもしれません。それは信用を得るためだと思います。「過去に開塾した実績があり、今回で4回目の開塾なら成功例もあるのかも。安心できる塾かもしれない。」と思わせるのが狙いなのだと思います。かなりあざといですよね。
 
 
 

3-2.実績が不自然

 
「RTL第4期せどりアフィリ塾」のセールスレターには、塾生と思われるかたの実績が載っています。その実績がかなり不自然で怪しいことになっています。まずは、実際にみてもらいましょう。
 
 
 
RTL第4期せどりアフィリ塾の実績画像その1
 
 
 
RTL第4期せどりアフィリ塾の実績画像その2
 
 
 
RTL第4期せどりアフィリ塾の実績画像その3
 
 
 
RTL第4期せどりアフィリ塾の実績画像その4
 
 
 
いっけん、実績があるように見えます。でも、しっかり読んでみてください。何か変だと思いませんか?何が変かと言うと、アフィリエイト塾の塾生の実績のはずなのに、実績内容はインフォプレナーとしての実績になっているんです。
 
 
 
アフィリエイターならアフィリエイトした実績を公表するはずなのに、インフォプレナーとして情報商材を売り上げた実績を公表しています。これって明らかに変ですよね。
 
 
 
さらに、もう一つ怪しいことがあります。百歩譲って、塾生がインフォプレナーとして実績を上げたことが事実だとしましょう。セールスレターには、塾生が販売したとしている情報商材は、
 
・デイリーせどりスタイル
・プロフィットせどり
・ヘルビマニアックス
・せどりバーストストリーム
 
と公表されています。
 
 
 
でもちゃんと調べると、これらの情報商材の販売者は「株式会社キャリアスコープ」になっています。「特定商取引法に基づく表記」で確認したので間違いありません。これって変ですよね。
 
 
 
もしかりに、塾生がインフォプレナーとして販売したのなら、販売者の名前は塾生の名前か、塾生が所属する会社のはずです。少なくとも、「株式会社キャリアスコープ」ではないはずです。ということは、完全にヤラセですよね。
 
 
 
塾生と名乗っている人は「株式会社キャリアスコープ」の関係者で、公表実績は「株式会社キャリアスコープ」がインフォプレナーとして情報商材を販売した実績です。アフィリエイターのアフィリエイト実績ではありません。これも、かなりあざといですよね。
 
 
 

4.まとめ

 
今回の「RTL第4期せどりアフィリ塾」ですが、重要なのはDRM手法の部分です。極端に言えば、アフィリエイトする商材が、せどり系でもダイエット系でもFX系でも関係ありません。今回は、たんに「せどり」に特化しただけのことです。なので、RTL塾でDRM手法をしっかりと教えてくれるのであれば、入塾してもいいかと思います。
 
 
 
ただし、セールスレターの時点で、これだけ怪しい部分が多いですからね。DRM手法につてしっかりと学べるとは思えません。正直、セールスレターを読むと詐欺的高額塾の可能性がかなり高いと言えます。
 
 
 
そんな塾に30万円も払ってペラペラのDRM手法を学ぶくらいなら、「Copyrighting Affiliate Program(コピーライティングアフィリエイトプログラム)」でDRM手法をしっかりと学ぶことをおすすめします。「Copyrighting Affiliate Program」は本物のDRM手法をしっかっりと学べる数少ない商材です。私のDRM手法も「Copyrighting Affiliate Program」から学びました。ぜひ、参考にしてみてください。
 
 
 
 
 
Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アタッチアフィリエイトシステムのイメージ画像01

アタッチシステムアフィリエイト(ASA)の2つの矛盾をレビュー

JACのレビューのイメージ画像01

JAC(Join Affiliate Coures)の3つの欠点をレビュー

「Twitter Brain」のイメージ画像

Twitter Brain(ツイッターブレイン)のレビュー

無在庫輸入のすすめのイメージ画像01

無在庫輸入のすすめの5つの嘘を暴露するレビュー

Copyrighting Affiliate Programのイメージ画像

Copyrighting Affiliate Programのレビュー

「The Million Writing」のイメージ画像

The Million Writing(ミリオンライティング)のレビュー