アタッチシステムアフィリエイト(ASA)の2つの矛盾をレビュー

アタッチアフィリエイトシステムのイメージ画像01
Pocket

王道のアフィリエイト商材がインフォトップランキングの上位に入ってきたので、レビューしてみたいと思います。
 
 
 
今回レビューするのは、
 
「アタッチアフィリエイトシステム(ASA):http://flickr-style.jp/asa/」。
 
 
 
阿部よしひろさんのノウハウを、株式会社フリッカースタイルが販売してます。最近は、YouTubeやTwitterなどのSNSを使ったノウハウがは多く販売されていました。そんな中で、王道系の「サイトアフィリエイト」商材がインフォトップのランキング上位になるのは久しぶりだと思います。
 
 
 
サイトアフィリエイトを実践している私としては、かなり気になる情報商材です。
 
 
 
では、今回のレビュー項目です。
 
1.アタッチアフィリエイトシステム(ASA)とは
2.アタッチアフィリエイトシステム(ASA)の2つの矛盾とは 
3.返金保証が悪徳すぎる 
 
 
 

1.アタッチアフィリエイトシステム(ASA)とは

 
アタッチアフィリエイトシステムのイメージ画像01
 
 
 
販売会社 株式会社フリッカースタイル
 
運営統括責任者  中松裕太
 
所在地  東京都港区芝5-13-11第2二葉ビル8F
 

電話番号 03-6809-4937

 メールアドレス mail@flickr-style.jp
 
販売URL http://flickr-style.jp/asa/
 
販売価格 16,800円
 
 
 
 
「アタッチアフィリエイトシステム(ASA)」は、「サイトアフィリエイト」を主軸にしたシンプルな王道のノウハウです。SNSやメルマガをまったく使いません。具体的には、「21個のサイトを作って、月収100万円を目指す」ノウハウです。商材の特徴としては、アタシスという「ノウハウ管理システム」を使って21個のサイトを管理できる点です。
 
 
 
それでは、詳しくレビューしていきます。
 
 
 

2.アタッチアフィリエイトシステム(ASA)の2つの矛盾とは

 
さて、今回の「アタッチアフィリエイトシステム(ASA)」ですが、結論からいえばおすすめしません。アフィリエイトの王道である「サイトアフィリエイト」自体は、おすすめしますが、「アタッチアフィリエイトシステム(ASA)」はおすすめできません。
 
 
 
もし、「サイトアフィリエイト」を実践したいのなら「コピーライティングアフィリエイト」をおすすめします。これに関しては、最後の方で言及します。
 
 
 
では、話を戻しましましょう。「アタッチアフィリエイトシステム(ASA)」をおすすめしないと言いましたが、その理由は以下の2つです。
 
 
 
・サイトを21個作る理由が矛盾している
・SEO対策が矛盾している
 
 
 

2-1.サイトを21個作る理由が矛盾している

「アタッチアフィリエイトシステム(ASA)」では、サイトを21個作るのですが、その理由がよくわかりません。月収100万円を稼げるのなら、サイトが1個でも100個でも私はかまわないと思うのでが。しかも、セールスレターを読んでいると、ある矛盾点に気が付きます。
 
 
 
阿部よしひろさんは、セールスレターの中で次のような質問を読者しています。
 
 
 
 さて、ここで質問です。あなたがスーパーアフィリエイターを目指し、月収100万円を超えたいとします。サイトアフィリエイトで月収100万円を達成するには、 具体的に「何サイト」必要か分かりますか?収益サイトが何サイトあれば月収100万円レベルになるか?正確なサイト数を正しい根拠をもとに答えられますか?
 
 
 
 
簡単に言えば、「月収100万円稼ぐのに必要なサイト数を正確に答えろ。その具体的な根拠も明示しろ」と言っているわけです。そんなの、答えられるわけありませんよね?扱う商材の価格や、サイト構成によって稼げる金額は違ってくるわけです。
 
 
 
しかし、こんな質問を読者に投げかけるということは、阿部よしひろさん自身は「月収100万円稼ぐために21個のサイトが必要である具体的な根拠」を明示してくれるのだとうろ思いながららセールスレターを読み進めると、次のように書いてあります。
 
 
 
私の場合は13サイトで月収100万円を達成できました。 アタッチシステムアフィリエイト購入者様には、余裕を持たせて「21サイト」で月100万円を達成していただきます。なぜ、21サイトかというと、私が13サイトで達成した数値より少し余裕をもたせることで、再現性を高めるのが狙いです。 私の経験上、21サイトぐらいであれば1人のアフィリエイターでも、 ストレスなく管理できるサイト数の上限ギリギリであるのも理由の一つです。
 
 
 
 
これが、阿部よしひろさんの「正確なサイト数を正しい根拠をもとに答えられますか?」の答えなわけですが、どう思いますか?
 
 
 
正直、理論が破たんしてますよね?
 
 
 
読者には「正確なサイト数を答えろ」と自分で言っているのに、自分では「21サイトぐらい」って言ってしまってます。「ぐらい」ですよ「ぐらい」。「んじゃ、20でも22でもいいの?」ってなりません?ぜんぜん明確に答えられてませんよね。
 
 
 
しかも、「私が13サイトで達成した数値より少し余裕をもたせることで、再現性を高めるのが狙いです。」って、根拠になってませんよね?「私は13サイトだから、21サイトくらいな大丈夫なんじゃない?」って話ですが、これは根拠ではなくて、「希望的観測」です。
 
 
 
明らかに、言っていることが矛盾してます。
 
 
 
だいたい、自分で問いかけた質問に自分で答えられないなんて、ありえませんよね?まともに答えられないなら、「何サイトで月収100万円稼げるか教えてください!」って誰かに聞くべきです。
 
 
 
まあ、そもそも「正確なサイト数を正しい根拠をもとに答えられますか?」という質問自体がナンセンスです。先ほども言いましたが、扱う商材の価格や、サイト構成によって稼げる金額は違います。こんなくだらない質問に答える必要があるのか?と疑問に思ってしまします。
 
 
 

2-2.SEO対策が矛盾している

 
「アタッチアフィリエイトシステム(ASA)」では、SEO対策に関することも書いてあります。具体的には、次のようなことです。
 
 
 
私が教える方法はブラックSEOとは一線を画します。
・自作自演のSEOは一切不要です
・サテライトサイト、サテライトブログは一つも作る必要はありません
・私が教えるSEOは1円もお金をかけなくてもできる、完全無料の方法です
 
1円もかからずに、初心者でもできるSEOをアタッチシステムアフィリエイトでは公開しています。
 
 
 
 
簡単に言うと、「初心者でもできるSEO対策をするが、Googleのペナルティに引っかかるようなブラックなSEOはやらない。」と言うことです。これは、期待できるかもと思って読み進めると、次のように書いてあります。
 
 
 
「SEOができない!苦手だ!むずかしい!」そう言われる人の話に耳を傾けてみると「ある共通点」に気づきました。 「一体何だと思いますか?」その答えは「被リンク管理ができていない」という点です。 一昔前のSEOであれば、適当にリンクを送っても上位表示できました。しかし、現代のサイトアフィリエイト業界では、その古臭い手法は通用しません。 ”経験に裏付けされた緻密なリンク管理能力”が求められている時代なのです。 もし、あなたがむやみやたらにリンクをつけているのならば、いますぐ止めてください。リンクを1本1本管理する力が必要とされています。SEOで上位表示しているサイトは例外なく「被リンク管理」ができています。緻密なリンク管理なくして、サイトアフィリエイトで稼ぐのは難しくなっています。ですが、安心してください。私のやり方なら難しく考える必要はありません。 なぜなら、あなたには阿田が開発した被リンク管理シートをお渡しするからです。そっくりそのまま使ってください。  それが稼げるようになる近道です。これこそがアタシス5「被リンク管理」となります。
 
 
 
 
これって、「自作自演の被リンクを管理をしっかり管理しよう」って話です。 でも、さっきは「自作自演のSEOは一切不要です。」といってましたよね。結局、自作自演のSEO対策はするのか?しないのか?
 
 
またしても、言っていることが矛盾しています。
 
 
 
そもそも、今のSEO業界の流れのなかで、相互リンクを無駄に増やしてSEO対策するのはおすすめしません。明らかにブラックSEOです。 確かに以前は有効な方法でした。しかし、今ではSEO効果よりも、Googleのペナルティを受ける確率の方が高くなっています。「今更そんなことするの??」と思うレベルのSEO対策です。と言うか、ペナルティを受ける危険性がある時点で、SEO対策にはなっていませんけどね。
 
 
 

3.返金保証が悪徳すぎる

「アタッチアフィリエイトシステム(ASA)」には、返金保証が付いています。ただし、返金条件がかなり厳しい内容になっています。以下が返金条件です。
 
 
 
アタッチシステムアフィリエイトを真剣に取り組みたい方に安心して参加していただくための、返金保証となっております。
・ASA(アタメソ、アタシス)を正しく理解して、忠実に実践する
・教材の内容に従い、21サイトのアフィリエイトサイトを立ち上げて運営する
・教材購入から1年間は教材内容を忠実に実践して頑張る
これらの条件を満たしているにもかかわらず、1年後に月収100万円に到達していない場合は私に連絡してください。 その際に、運営している21サイトのURLや教材内容通りにサイトを作っているかチェックさせていただきます。
 
 
 
 
「真面目に取り組んだけど稼げなかった人にだけ返金したい」という気持ちはわかります。私も同じ立場なら、そう思います。ろくにノウハウに取り組まないで「返金してほしい」と言われても嫌です。
 
 
 
しかしです。それにしても、この返金条件は厳し過ぎると思います。特に「ASA(アタメソ、アタシス)を正しく理解して、忠実に実践する」の部分です。
 
 
 
そもそも、この「アタシス」というシステムがかなりの曲者なんです。「アタシス」は7つの構成になっていている「ノウハウの管理システム」です。管理システムと言うと大げさな感じがしますが、簡単に言えば「エクセルのシートでサイト作成の管理をする」だけのことです。
 
 
 
一応、アタシスの7つのシステムを紹介しておきましょう。
 
・アタシス1:作業スケジュール
・アタシス2:サイトの初期構成
・アタシス3:ASPチェック
・アタシス4:記事ネタ収集
・アタシス5:被リンク管理
・アタシス6:相互リンク依頼文面
・アタシス7:記事量産計画
 
 
 
具体的な例を紹介します。紹介するのは「アタシス3:ASPチェック」のです。
 
 
 
 
 
 
この画像のように、細かく商材を管理します。この管理方法について、阿部よしひろさんは次のようにコメントしています。
 
 
 
穴埋めするだけで、稼げるプログラムが分かる!
ASPチェックシートの使い方はカンタンです。
穴埋めするだけで、案件を整理できます。
「これが稼げるプログラムだ!」と、思わず声に出してしまうことでしょう。
 
 
 
 
 率直に言って、まったく共感できないです。「これが稼げるプログラムだ!」とは口ばしらないでしょう。
 
 
 
画像を見てもらえば分かると思いますが、青いセルの部分を埋めるわけです。「穴埋めするだけ」と言っていましたが、「穴埋め」のレベルじゃないですよね。「穴埋め」って、少し埋めれば、全体が完成する状態のことをいいます。でも「アタシス3:ASPチェック」は、ほとんど全部を書いてるわけです。
 
 
 
このレベルのメンドクサイことを、アタシス1~7までやるわけです。こんなことをしていたら、成果が出るとか出ないとか以前に、誰でも挫折します。こんなくだらない資料を作っている暇があったら、新しい記事を1つでも多く更新した方が月収100万円につながります。
 
 
 
では、なんでこんなことをさせるのか?
 
 
 
それは、アタシスを返金条件にして返金保証を逃れるためだと思います。それ以外に、こんなの「無駄」なことをする理由が見つかりません。
 
 
 

まとめ

 
アタッチシステムアフィリエイト(ASA)は、全体的に矛盾してます。しかも、ノウハウが薄いです。ノウハウ自体に「新しさ」を感じるところはありませんでした。先ほども言いましたが、「サイトアフィリエイト」は王道のアフィリエイトノウハウです。王道と言うことは、既に、優れたノウハウがあるということ。
 
 
 
そんな「サイトアフィリエイト」業界で新たに商材を販売するなら、度肝を抜くような新しさが無ければ意味はありません。そういう意味で、「アタッチシステムアフィリエイト(ASA」に買う価値はありません。
 
 
 
私としては、「サイトアフィリエイト」の王道の中の王道と言えるノウハウは、「コピーライティングアフィリエイトシステム」です。
 
 
 
サイトアフィリエイトという王道のアフィリエイトノウハウに、コピーライティングというノウハウを織り交ぜています。コピーライティングというノウハウ自体は、新しいいものではありません。でもサイトアフィリエイトに利用するという発想は画期的なことだと思います。
 
 
 
 
 
 
以上で、今回のレビューを終わります。 最後までお読みいただきありがとうございました。
Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無在庫輸入のすすめのイメージ画像01

無在庫輸入のすすめの5つの嘘を暴露するレビュー

「Twitter Brain」のイメージ画像

Twitter Brain(ツイッターブレイン)のレビュー

PSW_ver.2のイメージ画像

PSW ver.2をレビュー:パーフェクト サテライト ライター ver.2の評...

JACのレビューのイメージ画像01

JAC(Join Affiliate Coures)の3つの欠点をレビュー

アフィLabのイメージ画像01

アフィLabをレビュー。おすすめしない2つの理由を解説

Copyrighting Affiliate Programのイメージ画像

Copyrighting Affiliate Programのレビュー