無在庫輸入のすすめの5つの嘘を暴露するレビュー

無在庫輸入のすすめのイメージ画像01
Pocket

今回は、「無在庫輸入のすすめ」についてレビューしていきます。この情報商材、最近、infotopのランキングでよく見かけますが、「無在庫転売」系のノウハウ商材になります。
 
 
 
「無在庫転売」を売りにする情報商材は、他にもいろいろありますが、
 
・仕入れのリスク無し
・不良在庫のリスク無し
・先立つ資金必要無し
 
など、副業初心者には魅力満載のノウハウと言えます。
 
 
 
ですが・・・
 
 
 
「思ったほど稼げない」とか「売れるけど利益が出ない」と言う人が後を絶ちません。そんな状況の中、今回の「無在庫輸入のすすめ」をレビューしていきたいと思います。
 
 
 
レビュー項目は次のようになっています。
 
1.無在庫輸入のすすめとは?
2.無在庫輸入のすすめをススメない5つの理由
 
 
 

1.無在庫輸入のすすめとは?

 
 
無在庫輸入のすすめのイメージ画像01
 
 
 
URL:http://muzaikoyunyuclub.com/susume_s/
 
責任者:大越雄介
 
住所:東京都足立区花畑2-6-27 アムール横山201
 
電話番号:03-6753-5936
 
販売価格:14,800円
 
*参考元:特定商取引法に基づく表記
 
 
 
「無在庫輸入のすすめ」で教えるノウハウは、米国のAmazonで輸入して、日本のAmazonで販売する手法になります。それに加えて、「無在庫」がポイントです。
 
 
 
簡単に言うと、「米国のAmazonで目ぼしい商品を見つけ、日本のAmazonに出品する。商品が売れたら、米国Amazonから仕入れて発送する。」というわけです。
 
 
 
これだけを見ると、とても理にかなっていて優れたノウハウのような気もします。さて、「本当のところはどうなか?」次項から詳しく解説していきます。
 
 
 

2.無在庫輸入のすすめをススメない5つの理由

 
「無在庫輸入のすすめ」、率直に言っておすすめしません。「無在庫輸入転売のノウハウが・・・」とか言う以前の問題として、「無在庫輸入のすすめ」のセールスレターにウソや詐欺まがいの表記が多すぎるからです。
 
 
 
「ほんとに??」と思うかもしれませんが、どこがウソや詐欺まがいの表記にあたるのかを、オススメできない5つの理由として解説していきますのでじっくりお読みください。
 
 
 
■オススメできない5つの理由
 
・Amazonは無在庫を禁止している
・デメリットを言わないのは詐欺師の手口
・「実践すれば必ず稼げる理由」のウソ
・実践者の実績は本当なのか?
・返金保証が怪しい
 
 
 

2-1.Amazonは無在庫を禁止している

 
先ほども説明しましたが、「無在庫輸入のすすめ」っでは米国Amazonで仕入れて、日本のAmazonで販売します。もちろん無在庫で。
 
 
 
でも、実は日本のAmazonでは、「無在庫販売」を禁止しています。Amazonでは、「無在庫販売」のことを「見込み出品」と表現していますが。この「見込み出品」については、Amazonの出品規約には次のように記載してあります。
 
 
 
遅延配送や、見込み出品の禁止
 
Amazonマーケットプレイスで出品されている商品は、注文確定日後2営業日以内に発送してください。
 
 
 
 
この規約に違反すれば、当然アカウントは停止され、出品はできなくなります。その時点で、このノウハウはアウトです。でも「無在庫輸入のすすめ」のセールスレターでは、このことにつて解説しているところはありません。
 
 
 
こんなに重大な真実に触れないのは、かなり不誠実ですよね。
 
 
 

2-2.デメリットを言わないのは詐欺師の手口

 
「無在庫輸入のすすめ」では、このノウハウのメリットが列挙されています。
 
・簡単な方法
・PCが1台あればできる
・在庫を持たないのでノーリスク
 
 
 
これらのメリット自体は、ウソではありません。セールスレターを読んでいても、「確かにその通り」と思えるメリットです。
 
 
 
でも、メリットよりも、もっと重大なデメリットに関する記載が「無在庫輸入のすすめ」のセールスレターには無いのです。これは、いかがなものかと思います。
 
 
 
ということで、私が、考えうるデメリットを列挙してみましょう。
 
・無在庫はAmazonで禁止されているのでアカウント停止のリスクが高い
・売れたタイミングで、仕入れ先が品切れの可能性がある
・仕入れのタイミングで、価格が上がっている可能性がある
 
 
 
パッと考えただけで、これだけのリスクがあります。これほど重大なリスクを書かないのは「どうかな・・・」と思います。「いいことしか言わない」なんて、よくある詐欺の手口と似ていますよね。
 
 
 

2-3.「実践すれば必ず稼げる理由」のウソ

 
「無在庫輸入のすすめ」では、実践すれば必ず稼げる理由が掲載されています。
 
 
 
無在庫輸入のすすめのイメージ画像02
 
この内容の全てが嘘だとは言いませんが、少なくとも下の2つはウソと言っても過言ではありません。
 
 
 

2-3-1.ライバルがほとんどいませんはウソ

 
「簡単な手法なのにライバルがほとんどい存在しません。」とかいてありますが、ウソです。ライバルは、無数にいます。当然ですが、日本のAmazonに出品している人の全てがライバルです。
 
 
 
以前のAmazonは、本のネット通販のイメージでしたが、現在は何でも売っています。逆に言うと、売っていないものを探す方が大変です。そのくらい何でも売っているということは、どの商品にも出品者(ライバル)がいるということです。こう考えれば、「ライバルがいない」なんてウソだと分かりますよね。
 
 
 

2-3-2.利益の出る商品は、限られている

 
「取り扱い可能商品は、無数にあります。」と書いてあります。これ自体は、ウソではありません。でも、利益が出る商品は限られています。確かに、取り扱い商品は無数にありますが、「利益が出る商品が無数にある」とは書いていません。これは、なかなか巧妙な手口です。
 
 
 
まず基本的に、利益の出る商品が無数にある業界なんて、ありません。そんな業界があるなら不景気なんて言葉は存在しません。普通に考えて分かりますよね。でも、もし本当にそんな業界があると思っているなら、ビジネスセンスが無いのでビジネスは止めたほうがいいと思います。
 
 
 

2-4.実践者の実績は本当なのか

 
「無在庫輸入のすすめ」のセールスレターには、実践者の声がたくさん掲載してあります。そんな実践者さんが本当に稼いでいるのかを調べる方法が実はあります。いわゆる裏取りです。やり方は簡単で、検索エンジンで「〇〇 アマゾン 評価」と入力してみてください。〇〇には、実践者の名前を入力します。例えば、次の人を調べてみましょう。
 
 
無在庫輸入のすすめのイメージ画像03
 
 
 
yahooで「稲葉香織 アマゾン 評価」と検索します。すると検索結果の上位に「出品者について-Amazon」というタイトルがあるのでクリックします。すると次のよな内容が見れます。
 
 
 
無在庫輸入のすすめのイメージ画像04
 
無在庫輸入のすすめのイメージ画像05
 
 
 
稲葉香織の評価は、全評価でも、「評価数:43」しかありません。直近の30日間の評価でも「評価数:20」です。この評価数で、月商656,081円も稼ぐのはなり無理があるとおもいませんか?
 
 
 
同じようなことは、他の体験者さんでもあります。簡単に列挙してみましょう。
 
・篠木高志さん 最高月商906,891円 全評価数:26 直近30日間評価数:2
・土屋鉄矢さん 3ヶ月目に月収80万円 全評価数:208 直近1年間評価数:4
 
こんな感じです。
 
 
 
この実践者さんたちは、本当に稼げているのでしょうか?もし、本当に稼げているのなら、今もビジネスを続けガンガン稼いでいるはずです。でも、実際は、ビジネスをしている痕跡(評価数)があまりありません。
 
 
 
土屋鉄矢さんにいたっては、直近90日の評価数:0で、1年間でも評価数:4しかありません。ノーリスクで粗利80万円も稼げるビジネスを止めるとは、とうてい思えません。
 
 
 
残念ですが、どの実践者さんも裏取りできませんでした。それどころか、逆に公表内容を疑ってしまうような結果が出てくるかたちになりました。
 
 
 

2-5.返金保証が怪しい

 
無在庫輸入のすすめには、返金保証が付いています。
 
 
 
【返品対象】60日間、教材通りに実践したが、成果が全くあらわれなかった場合。
 
 
 
 
これだけ読むと、「結果が出なくても返金してくれるなんて、親切だな。」と思うかもしれません。でも、よくよく考えてみください。「60日間、教材通りに実践したが、成果が全くあらわれなかった場合。」とあります。「成果が全くあらわれなかった場合」ということは、一つでも売れたら成果があるとみなされるということですよね。
 
 
 
ノウハウを実践していく中で、作業に慣れるために利益を気にせず「お試し」で出品することもあると思います。でも、それが売れてしまえば、返金保証の対象外になってしまうわけです。
 
 
 
これって、変ですよね。
 
 
 
この返金保証は、パッと見は親切なように見えますが、実は、かなりアクドイ返金保証だと考えることもできます。
 
 
 

まとめ

 
「無在庫輸入のすすめ」をレビューしてきましたが、「ノウハウが、どうのこうの・・・」の前に、セールスレターの内容がウソ、詐欺まがい過ぎてオススメできませんでした。
 
 
 
それと、もう一つ気になることがあります。それは、今回の無在庫輸入転売ビジネスのノウハウを公開して誰が得をするのか?ということです。
 
 
 
このノウハウは、元手が必要なく、仕入れと販売のプラットホームはAmazonを利用します。はっきり言って、誰でもできます。言い換えれば、参入障壁が無いので、入りたい放題です。ということは、直ぐにその業界は飽和状態になります。だったら、ノウハウは公開せずに、自分だけのものにしてガバガバ稼いだ方が得ですよね?
 
 
 
でも、そんなノウハウを公開する・・・
 
 
 公開した本人は、ライバルが増えて、業界が飽和してしまうことを率先して行っているわけです。ノウハウ購入者も、ノウハウが売れれば売れるほど、ライバルが増えてしまい潰しあいになるわけです。
 
 
 
まったく理にかなっていない気がしますよね。
 
 
 
いずれにしても、海外との価格差で儲ける「輸入転売」はかなり前からある方法で、目新しさはまるでありません。「無在庫転売」という考え方も、以前から知られている方法です。今更、この2つの考え方をセットにしたからと言って、ノウハウにして売るほどの意味があるとも到底思えません。
 
 
 
「輸入転売」や「無在庫転売」程度のノウハウなら、「無在庫輸入のすすめ」を買わなくても、ネットで調べればいくらでも無料で情報を集めることはできます。
 
 
 
ということで、もう一度言いますが、「無在庫輸入のすすめ」はおすすめできません。今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PSW_ver.2のイメージ画像

PSW ver.2をレビュー:パーフェクト サテライト ライター ver.2の評...

アフィリエイトロボットシステム「KEN」のイメージ画像

アフィリエイトロボットシステム「KEN」の2つの嘘をレビュー

アフィLabのイメージ画像01

アフィLabをレビュー。おすすめしない2つの理由を解説

RTL第4期せどりアフィリ塾のイメージ画像

RTL第4期せどりアフィリ塾の2つの詐欺行為をレビュー 

「Twitter Brain」のイメージ画像

Twitter Brain(ツイッターブレイン)のレビュー

アタッチアフィリエイトシステムのイメージ画像01

アタッチシステムアフィリエイト(ASA)の2つの矛盾をレビュー