コピーライディングでお金を生む方法

Pocket

コピーライティングのスキルを習得できれば、”商品をどんどん売って、お金をザクザク生み出せるぞー”となんとなぁく思ってると思います。

 

んじゃ、そんな”お金持をザクザク生み出せるコピー”ってどんなコピーでしょう?

 

人によって、考えの違いは多少あるかもしれませんが、大まかに言えば”人の心を動かす事ができるコピー”のことです。

 

ということは、逆に考えれば ”人の心を動かす事ができるコピー”が書ければ、”お金を生めるコピー”が書けるってことになりますよね。

 

1.人の心を動かす事ができるコピー

アフィリエイトの世界で、コピーライターは、セールスレターやブログ、メルマガなどを使って読み手を[成約]へと導いていきます。つまり、見込み客にもモノを買ってもらうわけです。

 

そんな、見込み客を成約へと誘導できるスキルこそが、あなたがこれから学んでいくべきコピーライティングです。

 

“文章で人の心を動かすなんて、難しくないの?”と不安に思うかもしれませんが、大丈夫ですよ。

 

確かに、人の心は、人それぞれだし、その時々で違いはあります。でも、そんなにややこしく考える必要はありません。なぜなら、100人が読んで、100人の心が動く必要はないからです。100人中、何人かの心が動かせればいいんです。それだけでも、お金が生まれていきますからね。

 

2.心を動かす3つのステップ

結論から先に言うと、人の心を動かすためには次の3つのステップを踏むだけです。

 

STEP1.興味、関心を引き寄せる
STEP2.共感、信用を得る
STEP3.行動させる

この3つのステップでコピーを書けば商品が売れ、お金を生んでいきます。

 

極端に言えば、あなたのコピーでこの3つSTEPで自由自在に心理誘導できるようになれば、思いのままに商品を売り、ザクザクとお金を生み出す事ができるわけです。

 

この心理誘導は、セールレターでもメルマガでも活用できます。セールスレターなら1枚でSTEP1からSTEP3までを誘導していきます。

 

メルマガなら、1通ごとに各STEPを踏ませて心理誘導していけばOKです。これが俗に言うDRM(ダイレクト レスポンス マーケティング)です。”リストを育てる”なんて言い方をしたりもします。

 

また、この3つのSTEPは、そのままスキルと言い換えることができます。

1.興味、関心を引き寄せるコピーライティングスキル
2.共感、信用を得るコピーライティングスキル
3.行動させるコピーライティングスキル

 

結局どんなライティングスキルも、つきつめるとこの3つのスキルのどれかに当てはまります。言い換えれば、この3つのスキルさえ叩き込めばお金をザクザク生めるわけですね。

 

3.コピーライティングを学ぶ時のポイント

“コピーライティングを学ぶ”なんて言うと、何から手をつけよう。。。と思うかも知れませんが、先ほどの3つのSTEPを順に勉強していけば難しくはありません。

 

そして、3つのSTEPを意識して、それぞれの役割にあったコピーを1つ1つ書いていけば、結果はちゃんとついてきます。

 

いきなり一流のトップライターをなる必要なんてありません。まずは勉強だと思って繰り返しコピーを書いていきましょう。それを繰り返していくことで、心理誘導の精度が上がってきます。

 

3つのSTEPは心理誘導するためのコピーのガタガタです。この型は、先人のコピーライター逹が見つけてくれたコピーライティングの原則です。まずは、この原則を正しく学び、はじめの一歩を踏み出してみしょ。

 

まとめ

“お金持を生み出せるコピー”とは”人の心を動かす事ができるコピー”のことです。

 

そして、人の心は
STEP1 興味、関心を引き寄せる
STEP2 共感、信用を得る
STEP3 行動させる
の順番に誘導することで動かすごとができます。

Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パーマリンクのイメージ画像

WordPressのSEO対策に最適なパーマリンクの設定方法

サーバーにWordPressを簡単にインストールする方法のイメージ画像01

サーバーにWordPressを簡単にインストールする方法

リンクタグの正しい使い方のイメージ画像

リンクタグの正しい使い方とSEO効果を高める方法

アフィリエイト商材選び方のイメージ画像01

アフィリエイトカテゴリーを選ぶときの2つのポイント(画像付き)

見出しタグの正しい使い方とSEO効果のイメージ画像

見出しタグの正しい使い方とSEO効果

メタディスクリプションのイメージ画像

メタディスクリプションの最適な文字数と正しい設定方法