優秀なメンターを見つける方法

優秀なメンターを見つける方法00
Pocket

こんにちは、コウスケです。

 

さて、今回は優秀なメンターを見つける方法について解説していきましょう。

 

まずは、「メンター」と言う言葉の意味です。知っている人もいるとは思いますが、メンターとは「仕事上または人生においての指導者、助言者」を意味します(参考:ことばんく)。簡単に言うと「先生」とか「コンサルタント」と同じですね。指導者なんて言うと「スキルもメンタルも完璧な人」なんてイメージを持ってしまうかもしれませんが、アフィリエイトのメンターにそこまで過度に期待しないように注意してください。実際、僕は過度に期待しすぎて痛い目にあったことが何度かあります。

 

なので、アフィリエイトにおけるメンターは「わからないことがあれば教えてくれる人」くらいの感覚でとらえることをオススメします。

 

それから、本題に入る前にもう一つ、お伝えしておくことがあります。それは、「メンターがホントに必要なのか?」と言うことです。「今更そんなこと?」思うかもしれませんけど、一応。

 

で、メンターは必要なのか?

 

僕は、必要だと思います。もちろん、いなくてもアフィエイトはできますし、いてもいなくても成功する人は成功します。ただ、メンターがいれば、成功する速さや確率は格段に上がります。独学なら分からない部分は自分で調べるので解決するまで時間がかかります。でも、メンターがいれば、直接質問して直ぐに解決することができます。

 

アフィリエイトは大学入試と同じようなものだと思っています。

 

大学入試も独学で受験はできます。予備校に行かなくても、合格する人は合格します。でも予備校に通えば、現役合格の確率も合格率自体も格段に上がりますよね。こう考えると、メンターが必要な理由が分かると思います。

 

1.優秀なメンターとは?

さて、ようやくここからが本題になります。アフィリエイト業界でメンターと言っても、色々なメンターがいます。正直、怪しい人がほとんどです。

 

「何十万円も騙された!」なんて話はよく聞きます。と言うか、僕もその被害者の一人です。僕の場合は、ザックリ 12万円+3万円+4万円=19万円ほど持っていかれました・・・。今となっては笑いながら話せますが、当時はかなり辛かったです。なので、あなたがこんな被害に合わないために、僕なりの「優秀なメンターを見分ける2つのポイント」をご紹介していきます。

 

2つのポイント
1.訪問者の役に立つ記事を書いているか?
2.文章の書き方が丁寧か?

 

1-1.訪問者の役に立つ記事を書いていますか?

まずは、あなたにとって役に立つ記事をブログに書いていることが大切です。さっきも書きましたが、「なんちゃってメンター」が溢れるほどいます。大した知識も無いのに、「メンターです。コンサルしてます。」みたいな人は山ほどいます。

 

そんな人に騙されないためにも、まずは、その人の書いているブログやホームページを読んでみましょう。ブログに「あなたが知りたい事」「疑問に思っている事」「解らない事」に関して、記事を書いているでしょうか?書いていれば、ポイント1はクリアーですね。

 

ちなみに、こんな内容のブログを書いていたら要注意です。だめなメンター(以下、ダメンター)の可能性が高いです。

・自分の成果をひたす自慢するしている
・情報商材のレビューだけを掲載している
・稼げない人の悪口を言い続ける

この3つの内容しか書いていない人は要注意です。「自慢話」「商材レビュー」「他人の悪口」はキャッチーな内容で目を引きます。正直、読んでいて面白いです。でも、普通に考えて、そんな記事しか書けないアフィリエイターがちゃんとコンサルしてくれるとお思いますか?

 

1-2.文章の書き方が解りやすく丁寧ですか?

あなたにとって役に立つ記事でも、内容が解りやすく丁寧に書いてあるでしょうか?役に立つ記事のはずなのに、読んでも内容が伝わらなかったら意味がありませんよね。

 

記事の書き方は、大きく分けて2つに分類されます。

  1. 自分本位の文章:自分が言いたい事だけを言いたいように書く文章
  2. 相手本位の文章:相手が知りたい事を相手が理解できるように書く文章

この二つです。

 

自分本位な文章とは、日記やメモなど、自分だけが読む物を書く時に使う文章の書き方です。自分だけが読むなら、この書き方でも全く問題ありませんよね。基本的には、書いた本人しか読みませんし、書いた本人に伝わればイイですからね。

 

でも、誰かに何かを伝えたいときの書き方としては適していません。

 

伝えたい相手がいる場合は、相手本位の文章で書く必要があります。相手の立場に立って、「相手が何を知りたがっているのか?」「その疑問の潜在的な悩みは何なのか?」を考え、それに対する答えを解りやすく、噛み砕いて丁寧に書くことが大切です。

 

もし、文章だけで伝わらないなら、画像や動画を使って説明するのもイイですよね。そんなふうに記事が書けるアフィリエイターは、直接悩みを相談したときでも、あなたの立場に立って相談に乗ってくれると思います。逆に、自分本位の文章を書くアフィリエイターは、相談しても自分本位の答えしか返ってこない可能性が高いと言えます。

 

人の悩みは十人十色です。

 

同じ悩みでも、みんな同じように解決できるとは限りません。あなたの悩みは、あなたに適した解決方法が必要です。そんなふうに感がられるメンターを見つけることが大切です。その為にも、文章の書き方に注目しましょう。優秀なメンターは、「2.相手が知りたい事を相手が理解できるように書く文章」の書き方使います。

 

2.優秀なメンターを探す方法

ここまでで、「優秀なメンターって、どんなメンター?」ってことは、分かりましたよね。なので、ここからは優秀なメンターを探す方法について解説してきます。

 

優秀なメンターを探す手順は以下の通りです。

手順1:アフィリエイトに関する疑問点を検索エンジンで調べる
手順2:検索結果から記事を選ぶ
手順3:記事の内容が解りやすいか読む
手順4:そのブログ全体を見まわし、他にも役に立つ記事があるか探す。

 

「手順1」「手順2」で、あなたの役に立ちそうなブログを探してみましょう。「手順3」は、実際に読んでみて、あなたが解りやすいと感じればOKです。「手順4」は、同じブログ内に他にもあなたの役に立つ記事が書いてあるか探しましょう。同じブログの中で他にも役に立つ記事が多くあれば、メンターの候補者として考えてもイイと思います。こんな感じで色々なブログを覗いてみて、自分なりにメンターを探してみましょう。

 

3.メンターに質問してみる

めぼしいいメンターが見つかったら、実際に質問してみましょう。ただし、質問の仕方にも注意が必要です。当たり前のことですが、優秀なメンターだって人です。解らないこともあれば、イライラしてしているときもあります。忙しくて余裕のない時だってあるはずです。

 

その時々でメンターの状況は違います。

 

なので、質問する側も、丁寧に質問することが大切です。だれだって、丁寧な質問には、丁寧に返したくなるはずですよね。僕はそうです。

 

そこで、メンターに質問するときに心がけたい6つのポイントを上げておきます。

  1. 質問する場合は丁寧な言葉使いで質問する
  2. 質問は出来るだけ具体的に聞く
  3. 調べられることはあらかじめ調べておく
  4. 自分の理解度を認識しておく(どこまで解っているのか、どこから解らないのか)
  5. 不躾な質問はなるべくしない
  6. メンターのサイトは、隅々まで読んでおく

以上の6つは心がけるようにしたほうがよいと思います。

 

あとがき

最後までお読みいただき、ありがとうございます。以上が、優秀なメンターを見つける方法です。優秀なメンターを探すのは大切だけど、なかなか大変です。実際、僕も、かなり苦労しました。

 

初めのころは、

「有名アフィリエイターがいいのか?」
「顔出ししている人がいいのか?」
「報酬金額を出している人がいいのか?」

と思って色々なアフィリエイターにアプローチしてました。でも、有名でも、顔出ししてても優秀とは言えないですね。それよりも、自分に合ったメンターを探す方がイイと思います。

 

ぜひ、今回解説した良いメンターを見つける方法を実践してみてください。優秀なメンターがいるだけで、アフィリエイトの成功率は上がりますし、成功までのスピードも何倍もはやくなります。あなたが良いメンターと出会えることを願っています。僕に質問があれば、いつでもお答えします。その際は「問い合わせフォーム」からご連絡ください。

Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフィリエイト情報商材の選び方00

正しいアフィリエイト商材の選び方と4つのポイント(画像付き)

独自ドメインの取得方法イメージ画像01

独自ドメインの取得方法「エックスドメイン編」(画像付き)

サーバーにWordPressを簡単にインストールする方法のイメージ画像01

サーバーにWordPressを簡単にインストールする方法

スタートのイメージ画像

アフィリエイトの始め方を3つのステップで解説

レンタルサーバーの登録方法のイメージ画像00

レンタルサーバーの登録方法:エックスサーバー編(画像付き)

アフィリエイトに最適なレンタルサーバーの正しい選び方