集客を3倍に増やす!SEOに強いタイトルタグの書き方

SEOに強いタイトルタグの書き方のイメージ画像01
Pocket

タイトルタグは、SEO対策において非常に重要な役割を果たします。タイトルタグの設定次第で、ページの順位が大きく上下すると言っても過言でありません。
 
 
 
そんなタイトルタグですが、サイトを運営していれば当然設定していると思います。しかし、その設定は100点満点のレベルだといえるでしょうか?
 
 
 
そこで、今回はSEO対策に有効でユーザービリティにも優れたタイトルタグの設定方法について基礎から詳しく解説していきます。
 
 
 

1.タイトルタグとは

 
タイトル(title)タグは、HTMLの<head>~</head>の内部に<title>~</title>というタグで記載されるタグこのとです。タイトルタグで囲われたテキストがそのページのタイトルになり、検索結果にページタイトルとして表示されます。下の図の赤枠で囲まれた部分が、検索結果で表示されたタイトルになります。
 
 
 
SEOに強いタイトルタグの書き方のイメージ画像02
 
 
このタイトルタグの設定を適切に行えば、より多くのアクセスを集めることができます。そのためには、まずタイトルタグの役割をしつかりと理解することが重要です。
 
 
 

1―1.ユーザーに対するタイトルタグの役割

 
titleタグに入れたテキストが魅力的だと、検索結果に表示されるタイトルをクリックしてくれるユーザーは増えます。逆に、titleタグのテキストに魅力が無ければ、クリックしてくれるユーザーは減ります。また、タイトルが魅力的だと、facebookやtwitterなどでシェアされることも多くなり、アクセスが増える可能性が高くなります。
 
 
 

1―2.SEO上のタイトルタグの役割

 
なぜか、「タイトルタグはSEO対策に意味がない」と言う人もいますが、これは間違いです。Googleはタイトルタグのテキストを読み込んで、「どのキーワードの検索結果に表示させるか」を検討します。
 
 
 
そのため、ページの内容を簡潔で具体的にタイトルに表すだけで、適正なキーワードで上位表示されることもあります。逆に、そのページの内容と関係の無いタイトルをつけてしまうと、大幅に検索順位が下がる場合もあります。
 
 
 

2.SEOに最適なタイトルの作るための7つのポイント

 
先ほども説明しましたが、タイトルタグで囲まれたテキストがそのページのタイトルになります。ユーザーもGoogleも、このタイトルを見てページの内容を判断します。つまり、タイトルの付け方によって、アクセス数は大きく変化するということです。
 
 
 
そこで、ここからは良いタイトル(アクセスを多く集められるタイトル)を作るための7つのポイントについて解説していきます。
 
 
 
7つのポイントは以下の通りです。
 
1.ページの内容を適切に伝える
2.具体性を追加する
3.文言の簡素化
4.タイトルにSEOキーワードをいれる
5.SEOキーワードの位置
6.最適なタイトルの文字数とは
7.自分より上位にいるサイトのtitleタグを見てみる
 
 

2―1.ページの内容を適切に伝える

 
ユーザーは、タイトルを見てページの内容を判断します。しかたがってタイトル部分で、ページの内容を簡潔で具体的に表現しなければいけません。そのためには、SEOキーワードをタイトルのベースにすることです。
 
 
 
コンテンツを作る際には、何かしらのSEOキーワードを設定しているはずです。当ページの場合は、「タイトルタグ 書き方」がSEOキーワードになります。例えば、これをタイトルのベースにするとしたら「タイトルタグの書き方」というタイトルができます。
 
 
 

2―2.具体性を追加する

 
タイトルのベースを作ったら、具体的な言葉を追加していきます。例ば、「デジカメ 選び方」をSEOキーワードにページを作ったとしましょう。この場合のタイトルのベースは「デジカメの選び方」になります。
 
 
 
では、どのようなデジカメの選び方なのでしょうか?
 
 
 
デジカメにも色々な商品があります。綺麗にとれるデジカメ、小さいデジカメ、一眼レフのデジカメなど、機能・種類は様々です。そんな中で、もし小さいデジカメに着目したページなら「小さいデジカメの選び方」と表現できます。これなら、先ほどのベースよりも具体的でユーザーとGoogleに内容が伝わりやすいタイトルになります。
 
 
 
さて、ここからさらに具体的にしていきます。
 
 
 
あなたのコンテンツには、他には無いオリジナリティがあるはずです。それをタイトルに追加します。例えば、「絶対失敗しないデジカメの選び方のポイントを3つ解説している」などのオリジナリティがあるはずです。それを追加してみましょう。すると、「絶対に失敗しない小さいデジカメの選び方、その3つのポイントとは」となり、より具体的になっていきます。
 
 
 

2-3.文言の簡素化

 
ユーザーは、検索結果に表示されたタイトルをじっくりと隅から隅まで読んではくれません。一瞬「ぱっ!」と見るだけです。その一瞬で内容を伝えるには、無駄な部分をそぎ落として重要な部分だけに絞ったタイトルにする必要があります。
 
 
 
先ほどのデジカメを例を簡素化するなら、「小さいデジカメの選び方、その3つのポイントとは」とそぎ落とすことができます。ユーザーは、失敗したくないから「デジカメ 選び方」をネット検索してしています。その人たちにとって「絶対に失敗しない」は大前提のはずです。大前提であることをわざわざユーザーに伝える必要はありません。
 
 
 

2-4.タイトルにSEOキーワードをいれる

 
「2-1」でページの内容をユーザーに伝えるために、SEOキーワードをタイトルのベースにするとお伝えしました。これは、SEO効果にたいしても有効な方法です。
 
 
 
ただし、タイトルにSEOキーワードを詰め込み過ぎすると、Googleのペナルティを受けることがあるので注意が必要です。タイトルに使うSEOキーワードは、1ページあたり1つに絞りましょう。複合キーワードに関しては、複合キーワード一つで1キーワードと考えてください。
 
 
 

2-5.SEOキーワードの位置

 
以前は、「SEOキーワードをできる限りタイトル文章の前に置くほうが効果的」と言われていました。しかし、現在ではそれほど気にする必要はありません。
 
 
 
逆に、SEOキーワードを無理やり前に持ってきて、不自然な文章になるとユーザビリティが低下してアクセス数が下がってしまいます。SEOキーワードの位置は気にせず、自然な文章になるように心がけましょう。
 
 
 

2-6.最適なタイトルの文字数とは

 
Googleの場合、最適なタイトルの文字数は日本語で32文字です。この文字数を超えると、タイトルの一部が省略されて「・・・」で表示されてしまいます。
 
 
 

2-7.自分より上位にいるサイトのtitleタグを見てみる

 
あなたが上位表示したいSEOキーワードで実際に検索し、上位ページのタイトルを参考にしてみましょう。上位表示されているということは、タイトルを適切に設定しSEO対策が効果的にできているページです。そのページの手法を研究し自分のサイトタイトルにも上手く取り入れてみましょう。
 
 
 
上位表示されているページには傾向があるはずです。より短いタイトルが上位表示されているとか、具合的な数字が入っているタイトルが上位表示されているとか、何かしらの特徴があるはずです。そこをしっかりと分析して参考にしましょう。
 
 
 
ただし、上位表示されているページと全く同じタイトルは付けないようにしてください。手法だけを参考にしてより魅力的なタイトルにすることが重要です。
 
 
 

まとめ

 
7つのポイントを参考にタイトルタグを適切に設定すれば、より多くのアクセスを期待できます。ただし、その前提として、コンテンツが充実している必要があります。タイトル以上にコンテンツの内容は大切です。タイトルが良くても、コンテンツの質が低ければ、ユーザーは直ぐにページから離脱します。コンテンツも充実させて、良いタイトルを付けることが「大量集客、大量成約」に結びつきます。
 
 
 
最後に、h1タグについても少しお話ししておきます。タイトルタグと同様にh1タグも、最も重要なテキストに対して使います。そのため、どちらのタグも同じテキストを設定しておくのが理想的です。wordPressでも、ほとんどのテーマでタイトルタグとh1が自動的に同じテキストが設定されるようになっています。
 
 
 
Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メタディスクリプションのイメージ画像

メタディスクリプションの最適な文字数と正しい設定方法

スタートのイメージ画像

アフィリエイトの始め方を3つのステップで解説

質の高いコンテツを作る方法00

質の高いコンテツを作る方法

アフィリエイトにおすすめのブログを正しく選ぶ方法

アフィリエイト情報商材の選び方00

正しいアフィリエイト商材の選び方と4つのポイント(画像付き)

お金のイメージ画像

アフィリエイトで稼ぐ人の5つの特徴