独自ドメインの取得方法「エックスドメイン編」(画像付き)

独自ドメインの取得方法イメージ画像01
Pocket

今回は、独自ドメインの取得について解説していきます。独自ドメインの取得と言っても、「レンタルサーバーの登録方法:エックスサーバー編(画像付き)」でのサーバーの登録方法とそれほど変わりません。基本的には、「ドメインを選んで、支払い方法を決める」ような流れです。難しい作業はありませんが、苦手意識のある方もいらっしゃると思うので、当サイトでは画像付きで分かりやすく説明していきます。

 

まずは、独自ドメインを提供している会社の選び方について解説します。独自ドメインを提供している会社は多くあります。

 

例えば、

エックスドメイン
ムームードメイン
スタードメイン
etc・・・。

 

この様なドメインを提供している会社は、関連会社でサーバーの提供も行っています。

「エックスドメイン」→「エックスサーバ」
「ムームードメイン」→「ロリポップ」
「スタードメイン」 →「ミニバード」

といったぐあいです。

 

この関連性は初心者にとって非常に重要で、ドメインを取得する際は、自分が使うレンタルサーバーの関連会社でドメインを取得することをおすすめしています。なぜなら、サーバーとドメインとの設定が簡単に行えるからです。サーバーとドメインが関連会社同士であれば、お互いの情報を共有できるのでユーザーがわざわざ情報を提供する必要がありません。

 

そこで、今回は私が使っているエックスサーバーの関連会社「エックスドメイン」でのドメイン取得方法を解説していきます。

 

1.エックスドメインでの取得方法

 

では、「エックスドメイン:https://www.xdomain.ne.jp/」にアセスし、自分の希望ドメインが使用できるか調べてみましょう。ドメインは世界中の人が取得している為、希望のドメインが既に所得されている可能性があります。当然のことですが、既に使用されているドメインを取得することは出来ません。

 

既に取得されている場合は、ハイフン(-)等を使って少し変えるか、全く違うドメインを考えるしかありません。

 

赤枠で囲んである部分に希望のドメインを入力し末尾の「.○○○」を選び「検索」をクリックしてください。「.○○○」については、出来れば「.com」「.jp」「.net」を使うのがベストです。この3つの「.○○○」は一般的によく見るドメインなので訪問者の信頼を得やすくなります。逆に、「.red」「.black」などを使うと、見慣れないドメインのため怪しいサイトだと思わる可能性が高くなり、不信感を抱かれこともあります。そのことを考慮して「.com」「.jp」「.net」を選ぶようにしましょう。

独自ドメインの取得方法イメージ画像02

 

 

ドメインを取得できることが確認できれば、「取得手続きに進む」をクリックしてください。

独自ドメインの取得方法イメージ画像03

 

 

次に、「会員情報の登録へ」をクリックします。

独自ドメインの取得方法イメージ画像04

 

 

ここで会員情報の入力を行います。「*」の付いている部分(赤枠で囲ってある部分)を入力していきます。下に進んでいくと、「WHOIS代理公開サービス」という項目があります。ここは、チェックを入れたままにしておきましょう。殆ど使うときが無いので気にすることはありません。

 

最後に「利用規約に同意する 」と「個人情報の取り扱いに同意する」にチェックを入れるのを忘れないようにして、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

独自ドメインの取得方法イメージ画像05

 

 

確認画面で、入力ミスが無いかを確認して「支払い方法の選択に進む」をクリックしてください。

独自ドメインの取得方法イメージ画像06

 

「クレジット」「コンビニ」「銀行振込」「チャージ残高(引き落とし)」の中から支払方法を選びます。選択方法は、「○」にチェックを入れるとタブが開きます。4つ目の項目の「チャージ残高(引き落とし)」は事前に会員登録している場合に選択する支払方法なので、初めての登録の場合は、それ以外を選択してください。

独自ドメインの取得方法イメージ画像07

 

 

支払方法を選択し入力し終えたら、「お申し込み内容の確認」をクリックしましょう。今回は、クレジットカードでの支払いを選択しました。

独自ドメインの取得方法イメージ画像08

 

 

確認画面に切り替わったら、入力ミスが無いかを確認します。確認が出来たら、「同意する」にチェックを入れて、「申し込む」をクリックします。

独自ドメインの取得方法イメージ画像09

 

 

すると、「お申し込み内容の送信」の画面になります。この画面の「お申し込みID」は一応控えておくようにしてください。

独自ドメインの取得方法イメージ画像10

 

 

登録したメールアドレスに申し込み内容が送信されているので確認しましょう。送られてきたメールは必ず保存し取っておくようにしましょう。ドメインの取得は以上です。

 

まとめ

ドメインを取得すること自体は、特に難しいことは無いと思います。それよりも、希望するドメインが空いているかどうかの方が問題かもしれません。短く、覚えやすく・・・などと考えていると、既に取得されている場合が多いと思います。

 

ちなみに、私は、今のドメイン決めるまでに、取得しては考え直し、取得しては考え直しを繰り返し4回取得し直して、ようやく今のドメイン名に落ち着きました。「そんなに考えて、このドメイン??」と思われるかもしれませんが、一応、かなり考えて決めました。

 

私だけかもしれませんが、1回でドメインを決めるのはなかなか難しいと思います。何度もドメインを取得するのは、費用も手間もかかります。なので、取得す前にじっくりと考えて、吟味することをおすすめします。

 

詳しいドメイン名の決め方について、また別の機会に改め説明したいと思います。

 

Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TinyMCE Advancedの設定方法と使い方01

TinyMCE Advanced:設定方法と使い方

PS Auto Sitemapの設定方法と使い方01

PS Auto Sitemap :設定方法と使い方

レンタルサーバーに独自ドメインを設定する方法のイメージ画像01

レンタルサーバーに独自ドメインを設定する方法(画像付き)

アフィリエイトに最適なレンタルサーバーの正しい選び方

リンクタグの正しい使い方のイメージ画像

リンクタグの正しい使い方とSEO効果を高める方法

お金のイメージ画像

アフィリエイトで稼ぐ人の5つの特徴