見出しタグの正しい使い方とSEO効果

見出しタグの正しい使い方とSEO効果のイメージ画像
Pocket

見出しタグの<h1>~<h6>は、文書に見出しをつけてページの構造を分かりやすくするためのタグです。見出しタグに設定されたテキストは、フォントが大きくなり、太字で表示されるので見出しであることがユーザーに伝わりやすなります。
 
 
また、見出しタグを上手く使うことで、検索エンジンに対してもページの構造をわかりやすく伝えることができます。
 
 
 
しかし、コンテンツを作り始めたばかりの人の中には、見出しタグの使い方を間違えている方も多くいます。見出しタグはSEO対策の面でとても重要なタグです。間違った使い方は、SEO的にマイナスの影響を与えることがあります。
 
 
 
そこで今回は、ユーザーにも検索エンジンにも好かれる見出しタグの使い方を解説していきます。
 
 
 
項目は以下の5つです。
 
1.見出しタグとは
2.見出しタグの効果とは
3.見出しタグの正しい設定方法
4.見出しタグの間違った設定方法
5.集客力のある見出しを作るポイント
 
 
 

1.見出しタグとは

 
見出しタグとは、ユーザーと検索エンジンの両方にページの構造を正しく伝えるたのタグです。見出しタグは<h1>~<h6>まであり、数字が小さいほど重要度が上がっていきます。当サイトの見出しタグは以下の画像のように表示されます。
 
 
 
見出しタグのイメージ図
 
 

2.見出しタグの効果とは

見出しタグを上手に使うことで、サイトへのアクセス数アップの効果が期待できます。 そのためのポイントは以下の2つです。
 
 
1.ユーザービリティの向上
2.SEO効果の向上
 
 
この2つのポイントについて解説していきます。
 
 
 

2-1.ユーザービリティの向上

 
見出しタグには、ページの構造をユーザーに分かりやすく伝える効果があります。見出しがあることで、「パッ」と見たときにどんな内容のページなのかが伝わりやすくなります。実際に、見出しが無い文章と見出しがある文章を見くてべてみましょう。
 
 
 
まずは、見出しの無い文章です。
 
見出しの無い文章の画像
 
 
 
次に、見出しのある文章です。
 
見出しのある文章の画像
 
 
 
どうでしょうか?
見出しがあるだけで、分かりやすさが格段に上がったと思います。見やすいページは、ユーザーの滞在時間を長くし、再訪を促します。結果的に、アクセス数の向上につながります。
 
 
 

2-2.SEO効果の向上

 
見出しタグを使って読みやすくなったページは、検索エンジンにとってもページの内容が伝わりやくなっています。これにより、ページのインデックスが正しく行われSEO効果にプラスの影響を与えてくれます。
 
 
 

3.見出しタグの正しい設定方法

 
見出しタグは、ユーザーにも検索エンジンにも有効なタグでが、正しく使用できていない人も多くいます。見出しタグを正しく使うためには、次の2つのポントが重要になります。
 
 
1.<h1>タグは1ページに1回
2.見出しタグは正しい順序で使う
 
 
 

3-1.<h1>タグは1ページに1回

 
見出しタグの使用回数は、<h1>タグは1ページについき1回、<h2>~<h6>は1ページについき何回使用できます。<h1>は、そのページの中で最も重要なテキストに対して使用するので1ページにつき1回となっています。
 
 
最も重要なテキストとは、サイトのトップページならサイトタイトル、記事のページなら記事タイトルになります。このように、重要なテキストはタイトルの場合が多く、必然的に<h1>タグにはタイトルが設定されます。
 
 
人によっては、<title>タグと<h1>タグを分けて考える方もいるようですが、私は<h1>タグにもタイトルのテキストを設定しています。SEO対策の視点で考えると、<title>タグも<h1>タグもそのページで最も重要な要素になります。なので、両方に同じテキスト設定するようにしています。
 
 
ちなみに、ほとんどのWordPressのテーマは、タイトルが自動的に<h1>タグに設定されるようになっています。
 
 
 
 

3-2.見出しタグは正しい順序で使う

 
見出しタグの使い方には順序があります。<h1>の次には<h2>、<h2>の次には<h3>、<h3>の次には<h4>と、順序立てて使います。間違っても、<h3>を飛ばして、<h2>の次に<h4>というように使用しないでください。
 
 
 
 
見出しタグの使用順序が正しくないと、検索エンジンにページの構造を正しく伝えることができなくなります。そうなると、SEO的にマイナスの影響を与えてしまう恐れがります。見出しタグの使用順序は、言葉だけではイメージしずらいかもしれません。下の画像も参考にしてみてください。
 
 
 
 
まずは、見出しの正しい使用順序の例です。
 
見出しタグの正しい使用順序の画像
 
 
次は、見出しタグの間違った使用順序の例です。
 
見出しタグの間違った使用順序の画像
 
 
 

4.見出しタグの間違った設定方法

 
 
見出しタグは、正しく使用すれば高いSEO効果が期待できます。しかし、多くの人は間違った使い方をしています。ここからは、多くの人が間違ってしまう3つのポイントについて解説していきましょう。
 
 
 
1.見出しタグを文字の装飾に使わない
2.画像に見出しタグを使わない
3.見出しタグにSEOキーワードを挿入するためだけに使わない
 
 
 

4-1.見出しタグを文字の装飾に使わない

 
見出しタグで設定されたテキストは、フォントが大きくなったり文字が太くなったりして装飾されます。その装飾が目的で、テキストを目立たせるためだけに見出しタグを使っている人がいますが、これは間違いです。
 
 
 
装飾が目的で見出しタグを使うと、ページの構造がぐちゃぐちゃになってしまいます。そうなると検索エンジンにページの内容が伝わらなくなり、SEO対策にマイナスの影響をおよぼしてしまいます。
 
 
 
もしも、文字を装飾だけなら、以下のタグをおすすめします。
 

・<b>:テキストを太文字にする
・<strong>:テキストを太文字にする
・<font size=”〇〇px>:テキストのサイズを変える
 
 
 

4-2.画像に見出しタグを使わない

 
見出しタグに画像を設定しても、クローラーは画像の内容を理解できないため見出しタグの意味がなくなってしまいます。どうしても画像を設定したい場合は、alt属性に代替テキストを記述しましょう。そうすることで、検索エンジンに画像の内容が伝わるようになります。
 
 
 
例えば、次のように設定します。
 
<h2><img src=”http://example.jp/midashi.jpg” alt=”画像の代替テキスト” ?/></h2>
 
 
 

4-3.見出しタグにSEOキーワードを挿入するためだけに使わない

 
見出しタグは、ページの構造を分かりやすくするためのタグで、SEOキーワードを詰め込むためのタグではありません。かりに、見出しタグにコンテンツに関係ないSEOキーワードを無理やり詰め込んだとしても、SEO効果は期待できません。むしろ、ページの構造が検索エンジンに伝わりづらくなりSEO効果にマイナスの影響を与えてしまいます。
 
 
 

5.集客力のある見出しを作るポイント

 
ユーザーの多くは、訪問後にページの内容を流し読みするだけです。初めて訪問したページの内容を、最初から最後までくまなく読むユーザーはいません。流し読みして気になる見出しだしがあったときだけ、最初から読み直してくれます。
 
 
 
そんなユーザーを引き付けるには、「気になる見出し」を意識的に作ることです。そのためには、見出しを短くすることが重要です。流し読みの中では、文字数の多い見出しは「気になる」前に流れて行ってしまい、まったく引っかかりません。
 
 
 
そんな見出しを、短く分かりやい文にするには「体言止め(名詞止め)」が有効です。具体的な例で見てみましょう。
 
・なぜ夕日は赤いのか?
 
・夕日が赤い理由
 
 
 
前者よりも、後者の方が文字数が少なく、流し読みの最中でもパッと理解しやすくなっていると思います。このような形の見出しが、ユーザーにも検索エンジンにも分かりやすく好かれる見出しといえます。
 
 
 

6.まとめ

 
見出しタグは、誰でも簡単に設定できるタグです。正しく設定すれば、アクセス数のUPも期待できます。ぜひ、今回解説して方法を参考にしてみてください。
 
 
Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パーマリンクのイメージ画像

WordPressのSEO対策に最適なパーマリンクの設定方法

WordPressプライグインのインストールと基本操作のイメージ画像01

WordPressプライグインの基本操作:インストール、停止、削除、更新の方法

インフォトップの登録方法画像02

インフォトップの登録方法を簡単解説(画像付き)

独自ドメインの取得方法イメージ画像01

独自ドメインの取得方法「エックスドメイン編」(画像付き)

レンタルサーバーに独自ドメインを設定する方法のイメージ画像01

レンタルサーバーに独自ドメインを設定する方法(画像付き)

アフィリエイト商材選び方のイメージ画像01

アフィリエイトカテゴリーを選ぶときの2つのポイント(画像付き)