Contact Form 7:設定方法と使い方

contact form 7の設定方法と使い方01
Pocket

アフィリエイトサイトるなら、「問い合わせフォーム」は必須の項目です。そんな「問い合わせフォーム」を作るなら、ワードプレスプラグインの「Contact Form 7」が一番おすすめです。

 

「Contact Form 7」は優秀なプラグインで、「問い合わせフォーム」以外も「申し込みフォーム」や「アンケートフォーム」なども作成できます。今回は、その「Contact Form 7」で「問い合わせフォーム」を作る際の設定方法について解説していきます。

 

「Contact Form 7」のインストールについては、「WordPressプライグインの基本操作:インストール、停止、削除、更新の方法」を参考にしてください。

 

1.「Contact Form 7」の設定方法

まずは、管理画面左のメニューから「お問い合わせ」を選び「新規追加」をクリックします。

contact form 7の設定方法と使い方02

 

 

「コンタクトフォームを追加」の画面で「新規追加」をクリックします。

contact form 7の設定方法と使い方03

 

 

「Contact Form 7」は5つのパートに分かれています。

①フォーム名の設定
②フォーム
③メール
④メッセージ
⑤その他の設定

今回は「問い合わせフォーム」を作るだけなので、①②③を設定してきます。

contact form 7の設定方法と使い方04

 

 

まずは、フォームのタイトルを決めましょう。先ほどもお伝えしましたが、「Contact Form 7」は色々なフォームを作成できます。今後、色々なフォームを作った際に、どんなフォームを作ったのかが分かるように名前を付ける必要があります。今回の場合は、「問い合わせフォーム」なので、そのまま「問い合わせフォーム」でいいと思います。

contact form 7の設定方法と使い方05

 

 

「フォーム」タブには、デフォルトで「基本のフォーム」が作られています。さらに追加したい場合は、青枠部分から選択し追加することもできます。ただ、今回は、相手の「名前・メールアドレス・内容」が分かれば良いので、基本のフォームのままで使います。もちろん自分なりにカスタムしてもよいのですが、そこに時間をかけるよりもサイト内容を充実さることのほうが重要なので、そのまま使うことをおすすめします。

contact form 7の設定方法と使い方06

 

 

「メール」タブでは、「送信先・送信元・題名」を設定します。「追加ヘッダー・メッセージ本文・ファイルの添付」は変更せずそのままの状態にしておきましょう。

 

「送信先」は、問い合わせ内容を受け取るメールアドレスで、複数のメールアドレスで受信することも可能です。複数のメールアドレスを設定する場合は、カンマで区切って入力してください。

 

「送信元」は、ワードプレスの「問い合わせフォーム」から届いたメールだということを分かり易くするためにあらかじめ <wordpress@●●●>という架空のメールアドレスが設定されています。分かり易いように自分なりに変更しても良いです。私は、そのまま<wordpress@●●●>で使用しています。

 

「題名」は、ワードプレスの「問い合わせフォーム」から届いたメールだとわかるように、「WP」などを付け加えて統一できるようにしておくことをおすすめします。例えば「WP[your-subject]」のような感じです。

contact form 7の設定方法と使い方07

 

 

「空のメールタグを含む行を出力から除外する」「HTML 形式のメールを使用する」はチェックせずに開けておきましよう。「メール (2)を使用 」はチェックを付けることをおすすめします。「メール (2)を使用 」は、問い合わせしてくれた方への自動返信メールの設定です。設定しておくほうが親切だと思うので、私は設定しています。「メール (2)を使用 」にチェックを付けると、新たに入力項目が追加表示されます。

 

追加された項目で設定が必要なのは、「題名」と「メッセージ本文」です。ここでは、相手に送ったメールが「自動返信メール」だということがわかかるように内容を設定すればOKです。

contact form 7の設定方法と使い方08

 

 

最後に「保存」をクリックして「Contact Form 7」の設定は完了です。 ただし、「Contact Form 7」の設定を行っただけでは、サイトに開設されません。固定ページに「Contact Form 7」を貼り付けることで、解説が完了します。

 

2.「問い合わせフォーム」の開設

「Contact Form 7」の設定を保存すると、ショートコードが表示されます。このコードを固定ページに貼り付けることで「問い合わせフォーム」が作成されます。

contact form 7の設定方法と使い方09

 

 

固定ページを新規作成し、「問い合わせフォーム」が表示された場合の名前を記入してください。今回は、「問い合わせフォーム」なので、そのまま「問い合わせフォーム」でもいいと思います。本文にショートコードを貼り付けて、「保存」をクリックすれば完成です。

contact form 7の設定方法と使い方10

 

 

完成したら、実際に正常に動作するか確かめましょう。成功していれば、下図の様に表示されます。

contact form 7の設定方法と使い方11

 

 

まとめ

以上で、「問い合わせフォーム」は完成です。今回は、シンプルな「問い合わせフォーム」を作成しました。もっと色々な機能を追加することもできますが、それはアフィリエイトサイトの運営が起動に乗ってからにしましょう。始めは、必要最低限で十分だと思います。ぜひ、設定してみてください。

Pocket

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressプライグインのインストールと基本操作のイメージ画像01

WordPressプライグインの基本操作:インストール、停止、削除、更新の方法

WordPress投稿機能ビジュアルエディタの使い方01

WordPress投稿機能:ビジュアルエディタの使い方

リンクタグの正しい使い方のイメージ画像

リンクタグの正しい使い方とSEO効果を高める方法

キーワード出現率がSEO対策に意味がない3つの理由

見出しタグの正しい使い方とSEO効果のイメージ画像

見出しタグの正しい使い方とSEO効果

メタディスクリプションのイメージ画像

メタディスクリプションの最適な文字数と正しい設定方法